ヘッダー画像SP

食べないサラダなんてある!?

image

年明けすぐに二回目の家賃の更新がひかえており、「そもそも更新料ってなんなんだよ!」というスパイシー(香辛料と更新料)な怒りが心にフツフツと湧いてくるわけですね。

二回目の家賃更新ということは4年くらいこの家に住んだんだなーとしみじみ思います。

我が家の構造はただのアパートとは違って、このタイプを何と呼ぶのか知らないけど、とりあえずこの壁の向こう、このカレンダーの裏っかわはもう大家さんの家なのです。

大家さんの家に、僕が住んでる101号室がめり込んでるといいますか、わかりますよね。 

大家さんとはほとんど話したことはないのですが、このベニヤ板の向こうから漏れ聞こえる生活の音や話し声などから、とても優しくて品のある人なのだろうな、という印象が良く伝わってきました。

優しい壁ドン

続きを読む

image

僕は結構なジョブホッパーで、今まで

食品商社営業>ニュースサイト編集>スマホゲーム開発・運用>ネット広告設計

と、いろんなことをやってきました。

最初の食品商社はさておいて、ニュースサイト、スマホゲー、ネット広告ってのはいかにもイマドキでイケイケな仕事のように思えますが、実際に携わってみるとそうでもないのです。

なぜなら、これらの領域ではすでに成功を収めている一握りのイノベーティブなプレイヤーが君臨しているから。

「じゃあ君臨してる側はウハウハやろ」と思うかもしれませんが、これもそうでもない。

なぜなら、君臨しているプレイヤー同士で激しくシェアの奪い合いをしているし、超有能な後発プレイヤーの突き上げも常に発生しているから。

常世で言われるイケイケ企業も、プレッシャーを感じてワキにいや〜な汗をかきながらイノベーションをひねり出しているんです。

イノベーションはPC越しに作るものじゃない

僕も何年かIT業界で仕事をしてきて、LINEとかAbemaTVみたいなイノベーティブはプロダクトが生まれるところを中の人として体験してきました。

人間は体験したことを信じてしまいがちなので、イノベーションといえばPCかスマホっしょ!みたいな思い違いをしてしまうこともあります。

でもそんなことは誰が決めたわけでもないんです。僕の大好きな本、インターネットの次に来るもの 未来を決める12の法則(著 ケヴィン・ケリー)の第2章「COGNIFYING(認知化する)」にはこう書いてあります。

続きを読む

image

お恥ずかしい話ですが、免許の更新をし忘れたためにゴールド免許を失いました。

合法的オレオレ詐欺で手に入れた免許

思えば大学生の時、おばあちゃんに「就職に有利になるからマニュアル免許が欲しい」と合法的なオレオレ詐欺で取得した免許。

結局、就活でもコレといって有利に作用することなく、実質的に学生証なきあとの身分証明書としてだけ使われてきました。

続きを読む

↑このページのトップヘ