ヘッダー画像SP

食べないサラダなんてある!?

くだんのとおり、GWまるまる使って10日間キューバに行ってきました。

けっこうアチコチから旅費について聞かれるので、何にどんだけお金をかけたかを簡単に書き留めておきます。

【飛行機代:18万円】
行き:
羽田→トロント
トロント→ハバナ
帰り:
ハバナ→トロント
トロント→成田
※GWのチケットは前年の10月くらいから買えました。直前に購入したらもっと高いかも。

【宿代(8泊):44,500円】
トロント1泊(ホテル):5,000円
ハバナ1泊(民泊):2,500円
トリニダー2泊(民泊):2500円×2泊=5,000円
バラデロ2泊(オールインクルーシブホテル):13,500円×2泊=27,000円
ハバナ2泊(民泊):2,500円×2泊=5,000円

【食事代:20,000円】
※民泊は朝ごはん付き
※バラデロのホテルはオールインクルーシブなので宿代に食費込み
※観光客向けの外食はだいたい1,000~2,000円

【タクシー・バス代:20,000円】

ハバナ→トリニダーのタクシー:3,000円
トリニダー→バラデロのタクシー:4,000円
バラデロ→ハバナのバス:3,000円
その他細かいタクシー:10,000円
※長距離移動はお得感あるけど、街中をコマゴマ周るのは高い。日本のタクシーと同じくらい。

【お土産・その他:5,500円】
・葉巻:1,000円
・Tシャツ2枚:1,000円×2枚=2,000円
・麦わら帽子:500円
・グラサン:1,000円
・その他:1,000円
※ケチってお土産あんま買わなかったんで、もうちょっとかかるのが一般的かも。

合計:270,000円


といった感じでした。うろ覚えなんでちょこちょこ間違えてるかも。
9万円換金したんですが、ギリギリ足りずに友達から借金して帰国しましたw
細かく知りたいこととかあればfacebookとかTwitterで質問してもらえればお応えします。
ご参考まで。
 
===================
気が向いたらフォローしてね→ 
===================  

34924
GWを全部くっつけて10連休をいただきまして、キューバを旅してきました。
いっぺんに全部の感想は書けないので小出しにブログに書いていきます。

まずはキューバ人の国民性が面白かった話をしようかと。


首都ハバナの市街地は観光客でごった返していて、所狭しと路面店と屋台がひしめいているのだが、アジアの観光地で感じるようなネチネチムンムンした商売っ気を全面に出しているかというとそうでもなかった。ヘラヘラしながら「Good price〜」とか言ってるだけ。

しかしヘラヘラ具合とは反比例して接客は丁寧。シャツを試着して「君は腕が短いから裾をロールアップすると…ほら、かっこいいじゃない!」みたいな。売るための接客というよりも、そもそもがお人好しといった感じ。

また、キューバでは一大産業になっているタクシーの運転手さんは特にお人好しで、僕らの様子をうかがいながら冷房の強さや風向きを常に調整してくれたり、僕らにテンションを合わせて一緒に「ウェーーーイwwwww」って盛り上がってくれたり、目的地に到着してお金を支払った後でも快く写真を撮ってくれたりした。

ハバナ以外にもトリニダー、バラデロといった土地を訪れたけど、どこもノリは似たようなものだった気がする。

どんな背景でそういうお人好しマインドが浸透したんだろうか?もちろん、複数の人種が共存しているとかっていう歴史的な背景もあるのだが、彼らのライフスタイルにその秘密がある気がした。

気になったのは「家の前で座るシステム」。ハバナの市街地でも、ど田舎の掘っ建て小屋でも、家の前に日陰ができる構造になっていて、どの家庭も家の前に座ってただただ街を眺めている。日中はむちゃくちゃ暑くて働いている場合じゃないので、その間の暇つぶしのために取り入れられたシステムだと勝手に解釈している。

つまり、ご近所さんとも、家の前を往来する他人とも、常に顔が見えて何をしているか丸わかりな状態なのだ。SNSのタイムラインみたいだなと思った。ご近所さんというフレンドと、道端というフィード。そんなリアルSNSに四六時中ログインしっぱなしだからみんなコミュ力が高まって、お人好しマインドが醸造されるんじゃなかろうか。

facebookのような顔の見えるSNSって良くも悪くもお互いを監視しあっているから、醜い投稿は目につかず、外面のいい投稿ばかりが目につく文化が出来上がった。それと同じように「家の前に座るシステム」によってキューバ独自のお人好し文化が出来上がったのかなーなんて考えると味わい深い。

…ってか、それがフツーのソーシャルなコミュニティですよね。真っ先にSNSを引き合いに出してしまった自分が怖いわ。現代っ子かよ!

てなわけで、もちろん一度の訪問じゃあ理解しきれないだろうけど、渋谷育ち、渋谷勤務の僕には鮮烈に印象に残った思い出だったので、取り急ぎ言語化してみました。

===================
気が向いたらフォローしてね→ 
===================  


IMG_20151219_141444



けっこういろんなところで登ったんで、備忘録的にメモ。
だいたい行った回数順に並べてみた。

更新履歴-----
PUMP2 川崎店(2016年6月3日追記)
-----------------


WEST ROCK 府中店

土日によく行く。混み過ぎないし課題も面白いし、変な人がいない。
http://www.westrock-climbing.com/intro_fuchu/

BASE CAMP 小竹向原店

2015年末にオープンしてから、平日の仕事終わりはもっぱらココ。とにかくいつ行っても新しい課題が大量にある。しかも面白い課題ばっかり。個人的にベストなジム。
http://b-camp.jp/tokyo/

GRAVITY 下北沢店

仕事おわりにちょうどいい。いかんせん狭い。パワーっぽい課題が多い&課題が新しくならないから最近行かない。
http://www.gravity-sp.com/shimokita/

Rocky 品川店

初心者壁には合コン、ナンパ待ち、親子が殺到しててカオス。それ以外はすごい好きなジム。なぜかこのジムの4級は全然登れない。
http://www.rockyclimbing.com/shinagawa/

ENAGY 吉祥寺店店

仕事おわりにちょうどいい。水曜日はイベントやってて常連がメイン壁を占領してる。マンスリー課題が更新されなくなってから行ってない。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~energy/gym/kichijyoji.html

PEKIPEKI 渋谷店

行く理由は「近いから」のみ。得意じゃない内輪ノリと、パワー寄りの課題が多くて好きじゃない。
http://www.pekipeki.jp/SHIBUYA/

BASE CAMP 入間店

スター選手をゴロゴロ排出してる伝説のジム。入間遠いけど、超間違いないジム。
http://b-camp.jp/iruma/

J&S 中野店

ガチで上達したいならココ!教え合う文化が定着しているけど、押し付けがましくないのが○。
http://jands-nakano.ldblog.jp/

B-PUMP 秋葉原店

3階建て。1階初心者、2階ガチ勢、3階が謎に宇宙っぽい。クサい奴が多い。4級登ってるだけで女の子に「すご~い」って言われて嬉しい。

Rocky 船橋店

超古いジムなのに若者の溜まり場になっているアットホームなジム。毎月コンペを開催してるので、コンペの課題がいつでも遊べるのが嬉しい。

NOSE 町田店

室内プールの居抜きとしか思えない特殊な構造で雰囲気○。総合力が試される印象。

maboo

壁に対してホールドの数が少なく、贅沢な印象。大会っぽいトリッキーな課題もあって楽しい。

Play Mountain 名古屋店

外岩を意識した作りで、壁の上までヨイショっと立ち上がってゴールというコースがあります。

APEX 新宿店

できたばっかりらしいジム。オープン時から通っている常連と初心者が多くてフレッシュな雰囲気。いかんせん平日は激混み。

Fish and Bird

中庭があってむっちゃオシャレ。店員がすごいしゃべるから好き嫌い分かれそう。人によって登り方が十人十色な味わい深い課題が楽しい。

Rocky 印西店

ショッピングモールの中にあるだだっ広いジム。ファミリー感あるけど安心のRockyクオリティ。土日でも混まないし、わりと楽園。
http://www.rockyclimbing.com/inzai/ 


PUMP2 川崎店

リード初体験で行った。3階建てで1階リード、2階休憩&更衣室、3階ボルダーの構成。リードスペースは吹き抜けになっていてどのフロアからもリードスペースを覗けるシャレた構造。ボルダーは狭くて辛い印象で、ボルダーだけやるなら行かなくていいかなあ。
http://pump-climbing.com/gym/pump2/
 

↑このページのトップヘ