ヘッダー画像SP

食べないサラダなんてある!?

LINE
1月の頭から居候していた、広島は尾道のゲストハウス「あなごのねどこ」でのヘルパー生活を3月いっぱいで終えました。

ヘルパーといっても仕事は昼には終わってあとは自由時間なので、寝ても覚めても読書読書の優雅な生活でした。

てなわけで約3ヶ月生活した尾道に別れを告げて、次の土地へ旅立ちます。

関連記事
尾道のゲストハウス「あなごのねどこ」を余すことなく紹介します
1分でわかる尾道の魅力 ~山と海と自転車と猫の街~
続きを読む

_V522933619_UR460,200_FMJPG_
ついにドキュメンタルのVol.2の出演者が出揃いました。
バナナマン日村、アンジャ児嶋、ダイアン津田ら参戦、松本人志「ドキュメンタル2」
http://natalie.mu/owarai/news/226321


松本人志のバラエティ「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン2が、4月26日(水)よりAmazonプライム・ビデオで配信開始される。このたび参加者が明らかになった。
(中略)
今回挑戦するのは、バナナマン日村、アンジャッシュ児嶋、ダイアン津田、バイきんぐ小峠、森三中・大島、平成ノブシコブシ吉村、ジャングルポケット斉藤と、シーズン1にも参加した宮川大輔、FUJIWARA藤本、ジミー大西の計10名。さまざまな個性を持つ芸人たちがどんな方法で攻めていくのか、サバイバルの結末に期待しよう。
続きを読む

実は懐メロが好きなワタクシ。特に90年代J-POPは大好物でして、最近のマイブームはもっぱら布団を干しながら90年代バラードを聴くことなのです。

90年代の「しみったれた男たち」による、カユい所に手が届く感じのバラードは本当に豊作です。王道のコード進行、女々しい歌詞、まとわりつくような歌声、そしてしみったれた表情…ヒネクレタ言い方をすれば、量産型の曲でもヒットが飛ばせたんじゃなかろうか。その様がまるで昨今のソシャゲ戦争のようだなあ、なんて思ったりします。

僕は85年生まれなので90年代のバラードは耳に残ってはいるものの、「切ない恋の歌」という認識ではありませんでした。当時すでに大人だった人はどんな思い入れを持って聴いてたんだろうか。
続きを読む

↑このページのトップヘ