LINE
去年も参加したこの大会。今年も出場してきました。

一年前の僕のボルダリングの腕前はどうだったかというと


いまは4級をメインに登っていて、そろそろ3級にも挑戦してみようかな、という程度。

ふむ。

今は4級と3級メインに登っていて、ちょいちょい2級にも挑戦してるという感じです。1年で0.5級くらい腕前が上がったってことですね。中級者になってくると成長もジワジワと日進月歩なのであります。 

ちなみに去年の大会はFUNクラスというNORTH FACE CUP初参加の人のみが出場できるクラスへの出場でした。
前回の結果はというと

結局、10課題中、完登1個、ボーナス2個、という散々な結果に。
結果は参加者23人中22位!
ビリだと思ってけどなんとか首の皮一枚残りました。

ふむ。

いわゆるブービーってやつですね。

今年はFUNクラスには出場できないので、ひとつ上のクラスDivision4に出場しました。
では、簡単にレポートしてみます。

東京大会は諦め、遠路はるばる静岡へ

2020年の東京オリンピックからクライミングが正式種目になったということで、ボルダリングの人気が急上昇しています。

その影響か、THE NORTH FACE CUP 2017の東京大会の参加受付が始まった直後に、応募サイトにアクセスが集中し、一時アクセスしにくい状況に。

やっとこさアクセスできた頃には、時すでにお寿司。東京大会のエントリーは締め切られていましたとさ。

まあレジャーも兼ねてエントリー可能な静岡大会に出場しようぜ、と仲間内で協議しまして、遠路はるばる静岡まで行ってまいりました。


当日はズドーンと富士山を望める快晴!

LINE
会場は静岡のClimbing JAM 静岡店
早速エントリー。


Division4は朝イチの出番にもかかわらず、選手&ギャラリーでごった返し。

LINE
寝起きすぎて今からクライミングをするテンションじゃない私。

LINE
クライミング界のレジェンドで、本大会のファシリテーター兼オーガナイザー(適当に書いてます)である平山ユージさんが恒例の高みの見物席からの開会宣言。

Division4はシンドイっす

大会の詳細を見てみるとDivision4の参加目安は「Division 4(3~4級以上の男性)」となっています。

前述の通り、僕も3〜4級を普段からやっているんです。が!!!実際はもっと強い人がうじゃうじゃ参加してます。マジでみんなちゃんと大会詳細読んでるんでしょうか。

今さら文句も言ってられないので、寝起き1時間の眠い目をこすりながら大会は幕を開けます。

LINE
せっせとトライします。

LINE
せっせ。

LINE
おいしょ。

LINE
いけそう…と、見せかけてこの直後に落ちます。

まあ、そんなこんなで大会が終了。(写真あんまないっす)

10課題中、完登×1、第1ボーナス到達×1、第2ボーナス到達×1。

順位は…
LINE
ん…?

23
んんん…?

27
こ、コッポォ…!!!
51人中、50位!!!!


前回のブービーに引き続き、2年連続のブービー…!

とはいえ、Division4に挑戦しつつ、最下位は免れたわけですから個人的には満足です。

反省点としては、怖がって手をつけなかった課題が実は意外と簡単だったり、あと体重2キロ軽ければゴールできそうだった課題があったりと、まだまだ改善すべき点は山積しています。

久々の大会は51人中...50位でした! #入賞してるっぽく撮った #thenorthfacecup2017 #ボルダリング

Taichi Kunoさん(@taichi_kuroshi)が投稿した写真 -


参加賞はシューズ入れ、クライミング用のソックス、オリジナルマグカップでした。


帰りは沼津港に寄ってお寿司を堪能し、港でカモメを眺めました。






かもめいっぱいいたよ。#SNOW #沼津港

Taichi Kunoさん(@taichi_kuroshi)が投稿した写真 -



おれがカモメだったら余裕で優勝できただろうなあ(雑なオチ