会社を辞めると勉強したい気持ちがガンガン湧き出てきます。ついに専門学校にまで入校してしまいました。

今回学ぶのはヒューマンアカデミーさんの「WEBデザイン講座」という講座です。

19248

ホームページとか余裕で作れるようになる(はず)

画像にもあるように、テキストがたっぷり…

WEBデザイン講座のカリキュラムでは
  • 画像編集(Illustrator & Photoshop)
  • プログラミング(Perl, html, css, javascriptとかかな?)
を学べるようです。

わかりやすく言うと、簡単なホームページなんかは余裕で作れちゃうってこと!作れちゃうはず!作れるんじゃないかな?まちょと覚悟はしておけ。

こんだけのテキストを3ヶ月間、週5で詰め込んでいきます。ガチやで。逃げ出さずにやりきれるんだろうか。

技術を知らない後ろめたさがあった

job_programmer
ずっとIT業界で仕事をしてましたが、職種はディレクターやら、プロデューサーやら事業開発やら、編集ライターやらと、技術にがっつり関わってきたことって少なかったんです

あるあるなんですが、親戚とか友達に「IT企業で働いてるよ」って言うと高確率で「あ、SE?」とか「じゃあホームページ作れるの?」って言われるんですね。

でも実際は作る技術を持ってないって所に若干の後ろめたさがあったんです。まあ今は無職なんですけど。

だったらもう思い切って講座に通ってやれー!と踏み切った次第です。

きたるビッグウェーブに乗り遅れたくない

近い未来に、世界中で働き方・生き方の革新が起こります。これはテクノロジーによって発生するもので、嘘みたいな話ですが、不可避な現象です。ピンとこない人は身の回りのテクノロジーに詳しい人に聞くか、「インターネットの次に来るもの」を読んでください。

robot_soujiki
もし、超絶楽しそうな革新が身近で起きたとします。例えば、ルンバをチョチョとカスタマイズして「自販機の下の小銭探しモード」を追加できる機能が開発されたとします。

この機能を追加するためには、ちょっとした技術を知っている必要があります…となると、技術を知っている人と技術を知らない人で大きな差が生じますよね。

技術を全く理解してない人がイチから技術を学んだとして、「小銭探しモード」を実装した頃には、街中の小銭は先行者によってすでに拾われていることでしょう。

僕はそういったビッグウェーブに乗り遅れたくないんです!だから、今からでも遅くないとプログラミングの勉強を始めるわけです。

福岡の友達欲しい

福岡に移住してからというもの、家とボルダリングジムの往復の毎日でした。そろそろ福岡の友達が欲しいです。

学校は天神なので、みなさん遊んでください。


小見出しにするほどの内容じゃありませんでしたスミマセン。
group_student

久しぶりにスーツ着たよ


珍しくスーツ #だけども #問題は #今日の足 #靴が無い〜

Taichi Kunoさん(@taichi_kuroshi)がシェアした投稿 -



「入校式はスーツでお越しください」って案内に書いてあったからスーツを久しぶりに着たよ。

実家に革靴忘れっぱなしだったことに初めて気づいたよ。

入校式、と言いつつ事務手続きしかしなかったけどスーツ着た意味あったのかな?

明日からは短パンTシャツビーサンで行こっと★(雑なオチ