ヘッダー画像SP

カテゴリ: ゲーム

先日こんな記事を見かけ青春時代の甘酸っぱい気持ちが爆発しました。

スーパーファミコンソフト歴代売上ランキングTOP20【果たして1位はどの作品か?】
https://365renkyuu.com/super-famicon-ranking/

1位 スーパーマリオカート
約382万本

2位 スーパーマリオワールド
約355万本

3位 ドラゴンクエストⅥ 幻の大地
約320万本

4位 スーパードンキーコング
約300万本

5位 ストリートファイターⅡ
約288万本

6位 ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁
約280万本

7位 ファイナルファンタジーⅥ
約255万本

8位 ファイナルファンタジーⅤ
約245万本

9位 スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー
約220万本

10位 スーパーマリオコレクション
約212万本

11位 ストリートファイターⅡターボ
約210万本

12位 クロノ・トリガー
約203万本

13位 ヨッシーアイランド
約 177万本

14位 聖剣伝説2
約150万本

15位 スーパーマリオRPG
約147万本

16位 ドラゴンボールZ 超武闘伝
約145万本

17位 ファイナルファンタジーⅣ
約144万本

18位 ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…
約140万本

19位 ロマンシング サ・ガ3
約130万本

20位 スーパーストリートファイターⅡ
約129万本


思い入れが深い作品が多いので、思い出度を★☆☆〜★★★の三段階に分けて思い出を語らせてください。
続きを読む

28
※鬼長文っぽいタイトルですけど、2000字未満の内容です。

最近のソシャゲに対して思うところがあるので、ゲーム好きとして書き残しておこうかと。

思い返せば1990年代〜2000年代と、僕の学生時代はゲーム漬けでした。特にドラゴンクエストとファイナルファンタジーのナンバリングタイトルは発売すれば即購入、というノリ。

そして社会人になってソシャゲも好きになりました。好きが高じて数年前はソシャゲの開発・運営に携わったりもしていました。

今、売上ランキングに名を連ねるようなソシャゲはすごいです。スキがない。売れるべくして売れています。

業界的には「IPモノ」っていうんでしょうか、有名なキャラクターを使ったソシャゲ。この手のアプリも星の数ほどリリースされました。僕もDQやFFのキャラクターが登場するゲームが話題になるとやっぱり気になります。

特に、去年から今年にかけてリリースされたIPモノはマジでガチで優秀作が多いです。バイネームでいうと「星のドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジーディシディア OperaOmnia」「ファイアーエムブレムヒーローズ」の3作品。

そう、名作ゲームの歴代キャラ大集合的なヤツに弱いんです。ハイ。
続きを読む


48

FFXVが発売されました。FFのナンバリングタイトルが発売されるたびに僕の胸は踊ります。

僕が11歳だった、我が家にプレステとFFⅦがやってきた日。完全に人生が狂った日。

ファミコン、スーファミにも狂いに狂った僕ですが、FFⅦをプレイした時のワクワク感は異質でした。

スーファミで経験してきた平べったい画面と何か違う、FFⅦはなんか"斜め"だし"奥行き"がある。

CG映画でしか見たことのないような映像美の中を自分の意思でグリグリと走り回れることに興奮しまくったなあ。

映像クオリティによる初見の衝撃もさることながら、僕にとってFFⅦの魅力は「その全て」でした。

初見の感想ダイジェスト(11歳) 

続きを読む

FF7リメイク

僕の頭にメテオが落ちました。好きなゲーム3本の指に入るFF7がリメイクされるとは。
 
 


あの「ファイナルファンタジーVII」がPS4で完全リメイク決定、超高画質でクラウドがよみがえる
http://gigazine.net/news/20150616-final-fantasy-vii-remake-e3-2015/
もう100%期待しかないです。そしてネガティブな意見は一切書きません。
気になるポイント山盛りなんですが、まず気になるのはマップがどういう構成になるのか。

続きを読む

chrono
出展:鋼鉄の漫画家 伝説のメタラーBlog

クロノトリガーが20周年だそうで。
そこで、大好きなクロノトリガーに対する記憶がどれだけ鮮明か、できるだけググらずに書きなぐりました。
僕が衝撃を受けたポイントは4つありました。
皆様の記憶の中のクロノトリガーと比べてみてください。

クロノ・トリガー
スクウェア
1995-03-11


間違っている固有名詞やストーリーもあるかもですが、そこもツッコミながら読んでください。
ネタバレもあるけど、20年経ってるからお構いなしでいきます。

その1.ラスボスだと思っていた魔王が仲間に

魔王
出展:PS速報

続きを読む

↑このページのトップヘ