10年間東京で働いてて、ジワジワ襲ってきた不安の正体

僕は10年くらい東京で働いていました(学生時代のバイトも含めて)。そして31歳で仕事を辞めて福岡の糸島に移住し、最近はもっぱら読書とボルダリングの日々を過ごしています。
バリバリ最先端な感じのIT業界で働いていて、自分の仕事が想像を絶するほど多くの人に届いていることをヒシヒシと感じていました。やりがいもあった。
でも仕事を辞めた。なんで?と聞かれることは多かったんですが、今までは自分でもちゃんと説明できませんでした。「このままではマズい」という説明不能な観念が背中を押して辞めたんです。