【腐る経済】人生の「軸」はどうやって作るのか

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」を読みました。むむ、何を無職の分際で意識高い経済書を読みやがるんだ…とお思いの読者もいらっしゃるでしょう。
こちらの本、いかにも売れそうなタイトルをつけているだけで、その実態は1人のオッサンが三十路を超えてから人生に悩み、夢枕にたった祖父が残した「パン屋をやりなさい」という助言を真に受けてパン屋として独立し、豊かな人生を掴むまでが記された本なのです。

宅飲みが捗るウワサの「ストロングゼロ原液」アレンジレシピ4選

心が踊る商品がネットで話題になっていました。
僕、すごいストロングゼロが好きなんですよね。サラリーマン時代にめっちゃ飲んでました。「今日もオツカレ、俺」って感じでリラックスできるし、アルコール強めなんでサクッと酔えてゴキゲンです。

【そして生活はつづく/星野源】エッセイとmixiが好きだった気持ちを思い出させてくれた星野源

空港で何気なく手にした星野源のエッセイがめっちゃ面白くて思わずkinde版を買ってしまった。
エッセイなんて読むの久しぶりだったんですが、色々と忘れかけていた大切な感情がふつふつと蘇ってきました。
少年時代、活字に目覚めさせてくれたのは間違いなくエッセイだったなあ。